山梨県生協連 〜県内5生協の力をあわせて〜

トップページ > 山梨県生協連について
山梨県生活協同組合連合会 会長理事あいさつ

 皆さまには日頃より山梨県生活協同組合連合会に対しまして、深いご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 弊連合会は1979年の創立以来、協同互助の精神に基づき、生活協同組合の事業と活動を通じて、組合員の生活の安定と生活文化の向上に寄与することを目的に掲げ、さまざまな活動に取り組み、今年でちょうど40年と節目の年を迎えています。

 2018年度の活動では、2015年に国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」について、2030SDGsゲームや講演会を開催し組合員や県民の皆さまに広く知っていただく機会となりました。SDGsはこれまで生協が地道に取り組んできた活動に共通する部分が多く、貧困や健康と福祉、エシカル消費など、社会課題の推進として運動の一旦を担っていきたいと考えています。
 また、2018年12月に開催された「地方消費者フォーラム in 山梨」では、協力団体として参加し「地域の見守り活動」の事例報告や消費者被害をなくすための活動についてパネリストとして参加し、山梨県行政と連携した活動に取り組みました。

 今年10月には消費税が8%から10%に引き上げられる事になり、経済をはじめ、格差の拡大や貧困問題などが懸念されます。また、新たに導入される軽減税率やキャッシュレス化による還元など、これまでにない仕組みへの対応にも注視する必要性があります。

 その他、人口減少、少子高齢化が急速に進んでいます。社会保障や所得格差による子どもの貧困など、くらしや地域の身近な課題から地球温暖化やプラスチックごみの問題など地球規模での環境問題などさまざまな課題があります。
 山梨県生活協同組合連合会としましては、県内でのさまざまな実践を通じて、生活協同組合の役割を発揮できるよう努めて参ります。
皆さまには、これまで以上のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


SDGs

山梨県生活協同組合連合会 会長理事あいさつ

山梨県生活協同組合連合会
会長理事 伏見 孝文

概要

所 在 地 / 甲府市古上条町225-1
代 表 者 / 伏見 孝文
T E L / 055-243-6440(FAX兼)
会 員 数 / 5会員(組合員数19.2万人)
会員事業高 / 135億5360万円(事業高にこくみん共済coopは含まない)

(2019年3月時点)

役員名簿
役員名簿リスト