山梨県生協連 〜県内5生協の力をあわせて〜

トップページ > 山梨県生協連について
山梨県生活協同組合連合会 会長理事あいさつ

2017年7月、九州北部を中心とした集中豪雨によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
東日本大震災からは6年目を迎えましたが、地域の復興状況は地域間格差が生じています。
引き続き、被災地に寄り添いながら、“復興支援”や“被災地を忘れない”取り組みを山梨県生協連としても進めてまいります。

2016年度の県連活動では、4月の電力小売り自由化の講演会を皮切りに、屋外での環境学習会の開催や東日本大震災や熊本地震を教訓とした、「家庭でできる防災」をテーマとした生協大会の開催。また、福祉学習会では、映画『うまれる』の上映会を開催し、多くの方にご参加いただきました。
今年度も引き続き様々な実践活動の中から、生協の社会的ポジションのアップに努めてまいりたいと考えております。

「協同組合」は世界100ヶ国以上に10 億人の組合員を組織すると言われております。
2016年11月には「協同組合において共通の利益を形にするという思想と実践」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。
日本においては少子高齢化、人口減少社会が進む中、年金・介護制度の問題、所得格差、子どもの貧困など、将来が不安視されています。
山梨県生協連も、協同組合のひとつとして、これまでの活動に確信を持ち、地域にその輪を広げていく活動を進めてまいります。
引き続きのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

山梨県生活協同組合連合会 会長理事あいさつ

山梨県生活協同組合連合会
会長理事 志村 宏司

概要

所 在 地 / 甲府市落合町59-2
代 表 者 / 志村 宏司
T E L / 055-243-6440(FAX兼)
会 員 数 / 5会員(組合員数19.1万人)
出資金総額 / 46億730万円
会員事業高 / 134億3,663万円(事業高に全労済は含まない)

(2017年3月時点)

役員名簿
役員名簿リスト